2015年01月01日

古屋直彦6つのテーマ

テーマ@
   災害に強い
        まちづくりを進めます
 地域の絆を深め助け合いの仕組みをつくります。
 迅速で正確な災害情報を送る仕組みをつくります。
 建物の耐震改修を進めます。

テーマA
   活力ある
        まちづくりを進めます
 地域商店街の活性化を図ります。
 国有地を有効活用して多摩オンリーワンのまちをつくります。
 創業や起業しやすい仕組みをつくります。
 地産地消による元気な都市農業を支援します。

テーマB
   教育の充実・文化のある
        まちづくりを進めます
 小・中学生の学力向上を図ります。
 学校施設の充実を図ります。
 子どもの居場所づくりを進めます。
 文化・芸術に親しめる機会を提供します。

テーマC
   健康・福祉の
        まちづくりを進めます
 保育園・学童保育所の待機児童解消を図ります。
 子どもの健康づくりをすすめます。
 元気な高齢者が活躍出来る場の確保を図ります。
 在宅介護の充実と見守りの体制の充実を図ります。

テーマD
   安全・安心の
        まちづくりを進めます
 道路の整備や移動手段の充実を図ります。
 身近な地域での生活出来るコンパクトシティーをめざします。
 地域の見守り力の充実で犯罪が起きにくいまちをつくります。

テーマE
   環境に優しい
        まちづくりを進めます
 農地や公園の緑の確保を図ります。
 豊かな水辺の景観を守っていきます。
 ゴミの減量に取り組みます。

以上、掲げたそれぞれのテーマを実現するためには、常に行財政改革の視点を持ち続ける事が必要です。さまざまな見直しを続ける事が明日の立川市をつくる礎と考えてとりくんでいきます。
posted by furunao at 00:10 | ふるなお通信