2018年05月01日

古屋直彦6つのテーマ

テーマ@
         子育て支援・福祉のまちづくり
● 障害のある人もない人もともに暮らしやすいまちづくりを進めます
● 保育園・学童保育所の待機児童解消に取り組みます
● 高齢者が安心して生活できる環境を作ります

テーマA
         安心安全の地域づくり
● 自治会支援や協働による地域づくりに取り組みます
● 地域の見守り・支え合い推進に取り組みます
● 道路整備や移動手段の充実、交通安全対策に取り組みます

テーマB
         健康スポーツのまちづくり
● 東京オリンピック・パラリンピックのレガシー創出に取り組みます
● 市民のためのプロスポーツチームとの連携強化に取り組みます
● 子供から高齢者までの健康づくりと健康予防に取り組みます

テーマC
         教育・文化のまちづくり
● 安心安全な中学校給食共同調理場整備に取り組みます
● 小中学校ICT活用や学力向上に取り組みます
● 市民の文化芸術活動の支援に取り組みます

テーマD
         災害に強い環境にやさしいまちづくり
● 環境に配慮し災害時にも機能する新清掃工場整備に取り組みます
● 下水道長寿命化・雨水対策に取り組みます
● 水と緑の保全に取り組みます

テーマE
         産業・活力あるまちづくり
● 地域商店街の活性化に取り組みます
● 広域連携を含めた観光振興に取り組みます
● 都市農地保全や都市農協支援に取り組みます

 以上 掲げたそれぞれのテーマを実現するためには、
 常に行財政改革の視点を持ち続ける事が必要です。
 さまざまな見直しを続ける事が明日の立川市をつくる礎と
 考えて取り組んでいきます。
posted by furunao at 00:10 | ふるなお通信